menu

ABOUT KANSAI KOSO会社を知ろう

メッセージ

ゆずれない想い

遊びゴコロを
プラスしよう。

「おもしろいよね」。「こんな発想はなかったよね」。
提案に行くたびに、ポロリとお客様がつぶやいてしまう。
遊びゴコロを持たせたら、どこにだって負けません。
これでもかというぐらい、知恵をしぼって、しぼって、
他のメーカーが絶対つくれないものをつくる。
そこに、私たちの存在価値はあるのです。
合言葉は「まず、やってみよう」。
たとえどんなに突拍子もないアイデアでも、
どうやればできるかをひたすら考えてみる。
関西酵素の毎日は、その繰り返しです。
世の中にないものをつくろう。おもしろい商品をつくろう。
本当に社員全員が意識して、モノづくりと向き合っています。
「いつも、おもしろいものをつくるね」。
世の中の人たちから、そう言ってもらえる化粧品メーカーになることが目標です。

「世の中にないもの、新しいものを出す」。それがメーカーの使命だと思うんです。 「世の中にないもの、新しいものを出す」。それがメーカーの使命だと思うんです。

関西酵素は、国内の有名な化粧品・製薬・玩具メーカーなどを取引先に持ち、OEM商品(顧客ブランド名による商品)の開発を行っている化粧品メーカーです。特許も取得している「酵素」の技術を武器に、基礎化粧品(洗顔、クレンジング、化粧水、クリーム)、トイレタリー商品(シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディケア用品)、入浴剤など、ありとあらゆる化粧品をつくることができます。OEMだけにとどまらず、2011年にはこれまで培ってきた技術を生かし、自社ブランド化粧品「リフレアール」を立ち上げました。

「世の中にないもの、新しいものを出す」。それがメーカーの使命だと私は思っています。そのために、私たちが大事にしているのは、前例がなくどんなにむずかしいことも、まずやってみる、ということ。当社よりも安くつくれるメーカーもあれば、大量生産できるメーカーもある。その中で、他社と同じことをやっていても、勝つことはできません。私たちが勝てるのは、アイデアと技術力の部分。OEMではおもしろい商品をつくり、自社商品では本当に質の高い化粧品をつくる。OEMにしても、自社商品にしても、共通しているのは他社がつくれないものをつくるということ。今後も他社が絶対にできないことをやっていこうと思っています。その思いは強いです。そうでないと、私たちがいる意味はありませんからね。

関西酵素が求める人物像はズバリ、好奇心が強い学生。それも並大抵の好奇心ではありません。たとえば、動くおもちゃがあるとしますよね?「なぜ動いているんだろう」と思う人は多いと思いますが、実際にそれを分解して調べる人は少ないと思うんです。でも、私たちはそこまで求めたい。不思議を不思議でおわらせない好奇心こそ、モノづくりの原点だと思うんです。「なぜだろう」を突きつめることが、新商品のアイデアにもつながっていきますから。おもしろいものがつくりたい。自分の手で新しいものを生み出したい。関西酵素はモノづくりに夢を持つ人が誇りを持てる会社でありたいと思っています。