ONLINE SHOP

COMPANY

企業情報

経営理念

地球にやさしく、人にやさしい共存型企業を目指して

地球にやさしく、人にやさしい、
共存型企業を目指す関西酵素の経営理念についてご紹介いたします。

企業理念

企業の環境保全活動に対する社会的要請は高まりを見せています。 そのような状況にあって、当社は「自然との共存」をテーマに商品の資材等の見直し、生分解性・リサイクル性の高い商品開発に力をいれ、環境保全への意識向上を図っています。また、商品開発のみならず、省エネ・産廃削減・リサイクル率向上等にも一体となって取組み、環境への配慮を前提に活動を進めてまいりたいと考えております。関西酵素は、地球に優しく、人に優しい、共存型企業を目指していきます。

基本方針
  • 環境に負荷を与えない・環境に配慮した商品開発を積極的に実施します。
  • 産業廃棄物の永続的な削減を実施し、省エネルギーと資源のリサイクルに努めます。
  • 大気汚染・水質汚濁・二酸化炭素の過剰排出などの地球環境的な公害について防止・抑制し、地球環境を守ります。
  • 保全意識の向上の為に全社員に対して環境教育を実施し、自己啓発を促します。
行動指針

1.推進体制
環境担当部長を長とした環境対応推進チームを設置。このチームは、環境保全活動に関する方針・行動計画等について審議し、環境保全活動の向上を図ります。

2.環境関連法規の遵守
下記の環境関連法規について充分認識し、遵守するとともに、さらに自主管理基準を設定して環境の保全・向上に取り組みます。

(1)容器包装リサイクル法
(2)ダイオキシン類対策特別措置法
(3)大気汚染防止法
(4)水質汚濁防止法
(5)労働安全衛生法
(6)PRTR法
(7)毒物及び劇物取締法 etc.

3.環境影響評価
研究開発、生産、流通などすべての企業活動が環境に与える影響を評価し、環境負荷の低減に努めます。

4.教育・啓発
社員一人ひとりが環境の保全・向上および資源・エネルギーの有効利用に努めるよう計画的に教育・啓発活動を行い、環境保全への意識高揚と倫理観の向上を図ります。

5.緊急時対応
環境保全上の問題が生じた場合に備え、緊急時対応を確立し、環境負荷を最小化するよう適切な措置を講じます。

社長メッセージ

関西酵素株式会社 代表取締役 白石 功一
関西酵素株式会社
代表取締役

白石 功一

若さ、前進、調和

関西酵素は1969年の創業以来、酵素商品のパイオニアとして、入浴剤をはじめ基礎化粧品・トイレタリー商品等酵素の積極的な応用・開発に取り組み商品開発を行ってまいりました。 現在は酵素商品だけでなく、我々が開発した商品が日々の生活にとけ込み皆様のお役にたっていることに社員一同心から喜びを感じております。 これもひとえに我々に対しご支援・ご協力をいただいた多くの皆様のおかげだと実感し、感謝いたしております。

現在、次々と予想もしない出来事が起き、先を読むことが難しいと言われる激動の環境の中で我々の将来を考えるときに、酵素以外の新たな分野への積極的な進出を行う必要があり、その役割を担うのが我々新しい世代であるということを心して、何事も恐れず前を向き前進してまいりたいと考えております。

これからの関西酵素は、「基本」である「技術力」及び「スピード」を再認識し、新たな時代の変化を見据えて「発想力」と「チャレンジ」という新しい味付けを付加し、酵素商品の拡充だけでなく、これからのライフスタイルにあったオリジナル商品の開発を目指して行くことをお約束いたします。

迷ったら進みなさい。心の風をおさえることなく。
これからも、この理念を忘れるこなく社員一同社業に邁進していく所存です。今後とも皆様のより一層のご支援、ご指導を賜りますよう心よりお願い申しあげます。

会社概要

社名
関西酵素株式会社
代表者
代表取締役 白石 功一
事業内容
医薬部外品の製造及び販売
化粧品の製造及び販売
設立
1976年2月
資本金
7,000万円
従業員数
90名
事業所
本   社/福岡県大野城市仲畑2丁目8番41号
東京営業所/東京都台東区台東1-31-10東ビル7階
鳥 栖 工 場/佐賀県鳥栖市立石町441番8
取引銀行
北九州銀行、商工中金、西日本シティ銀行、三井住友銀行
主要取引先
株式会社アートネイチャー、イオントップバリュ株式会社、株式会社石澤研究所、
株式会社大山、牛乳石鹸共進社株式会社、株式会社廣貫堂、株式会社コーセー、
株式会社コスモス薬品、株式会社JIMOS、株式会社ジャパンゲートウェイ、
ジュジュ化粧品株式会社、株式会社スタイリングライフ・ホールディングス、
株式会社ディーエイチシー、常磐薬品工業株式会社、株式会社ハウスオブローゼ、
株式会社バスクリン、株式会社バンダイ、ポーラ化成工業株式会社、
持田ヘルスケア株式会社、祐徳薬品工業株式会社

沿革

昭和44年(1969年)
兵庫県尼崎市にて、酵素商品の個人販売業を開始する。
昭和49年(1974年)
愛知県名古屋市にて酵素商品の販売会社として、 関西酵素株式会社を設立。
昭和51年(1976年)
厚生省より医薬部外品の製造、販売の許可を取得する。
福岡県福岡市に関西酵素株式会社を新規に設立する。
昭和56年(1981年)
福岡県大野城市に社屋を新築、移転する。
平成 3年(1991年)
佐賀県鳥栖市に鳥栖工場を建設し、生産部門を移転する。
平成 8年(1996年)
液体製品の生産能力向上の為、鳥栖工場に第一次設備投資を行う。
平成15年(2003年)
液体製品の生産能力拡充の為、鳥栖工場に第二次設備投資を行う。
平成23年(2011年)
代表取締役 交代
平成24年(2012年)
自社商品 リフレアールの発売開始
平成27年(2015年)
液体製品の生産能力拡充の為、鳥栖工場に第三次設備投資を行う。
平成29年(2017年)
東京営業所開設。

アクセスマップ

ACCESS MAP

RECRUIT

採用情報
TOP